QRコード作成におすすめの「QRコードジェネレーター」

QRコード作成におすすめの「QRコードジェネレーター」

今回は、QRコードを簡単に生成できるツール「QRコードジェネレーター」の紹介をします。

普段の業務の中で、Webデザイナーやグラフィックデザイナーを担当している方の場合、サイトにQRコードを表示させたい時や、チラシやポスターに公式サイトやSNSのQRコードを貼り付けたいという事も良くありますよね。
そのような時にURLを入力するだけで、QRコードを画像として保存できるツールがありますので、操作方法を説明します。

Advertisement

QRコード作成には「QRコードジェネレーター」がおすすめ!

QRコードジェネレーターを使用するには、以下のページにアクセスします。

 
QRコードジェネレーター
 
QRコードジェネレーター
 

操作するのは、「自由テキスト」~「メール」のタブ、その下の入力用テキストエリア、プレビュー枠部分のみになります。
QRコードを作成する時、ほとんどの場合、URLから生成すると思います。そういった時の操作方法は以下の通りです。

①タブから「URL」を選択します。
②下の「URLを入力」部分に、QRコードを生成したいページのURLを貼り付けます。
③下に生成されたQRコードをクリックする。
④QRコードのファイル名と形式を選択して「ダウンロード」をクリックします。

簡単ですね。
また、解像度の高いQRコードの画像が必要な場合は、

①オレンジ色のボタン「オプションを表示」をクリック
②一番下の「その他の設定」をクリック
③「QRコードサイズ」のバーを左右に動かして、サイズ調整

これでサイズが変更できます。
Webサイトに貼り付ける場合、パスデータで生成できるSVG形式も指定できるので、かなり助かりますね。

まとめ

今回は無料でQRコードを生成できるツール「QRコードジェネレーター」の紹介でした。
簡単な操作でQRコードを生成できるので、ブックマークなどしておくといつでも使用できるのでおすすめです。

webツールカテゴリの最新記事