住所を英語変換する時におすすめの無料サービス「JuDress」

住所を英語変換する時におすすめの無料サービス「JuDress」

今回は、日本の住所を英語表記に変換する際におすすめの無料住所変換サービス「JuDress」の紹介をします。

普段生活している中で、住所を英語表記に変換したいという機会はほとんどありませんが、海外展開している企業に勤めている場合や、海外の企業と取引のある場合は、海外の企業や人と手紙や荷物の受け渡しを行う機会も多いと思います。そのような時に簡単に使えておすすめなツールが今回紹介する「JuDress」という無料ツールになります。

無料で住所を英語変換してくれるサービス「JuDress」

judressトップ画面

JuDressは上図の通りとてもシンプルでおしゃれな画面で、画面の住所入力欄に英語変換したい住所を入力するだけで、簡単に日本語の住所を英語表記に変換することができます。
シンプルなツールで操作も画面の通り入力するだけなので、操作方法は説明するまでもないかもしれませんが…

①「郵便番号」の部分に変換したい住所の郵便番号を入力
②「住所検索」をクリックして、番地以前の住所を自動表示
③「番地・建物等」の部分に番地以降と建物名がある場合は入力

judress変換結果

上図は東京タワーの住所を英語変換した場合の変換結果になります。(ここでは「実用的に変換」を指定しています。)そのまま結果表示欄にある英語表記の住所をコピー

荷物の送受で住所を英語表記に変換する場合は、変換ボタンの「実用的に変換」を、海外の友人、家族などに手紙などを送る場合は「stylishに変換」をそれぞれ使用するといいと思います。

JuDressは下記リンクよりアクセスできます。

http://judress.tsukuenoue.com/

JuDressはアプリでも使用可能!

ページ下部に説明がある通り、Android用アプリも用意されている為、Androidユーザーであれば、アプリとしてインストールして使用することも可能です。海外の企業や人と取引や繋がりがあり、使用頻度の高い人には助かりますね!

まとめ

今回は、日本語の住所を英語表記に変換する時に使える無料ツール「JuDress」の紹介をしました。
住所を入力するだけで簡単に英語変換できるので、初めて利用する方でもおすすめできるツールの一つです。

webツールカテゴリの最新記事