【イラストレーター】紙に書いたペン字をトレースする方法

【イラストレーター】紙に書いたペン字をトレースする方法

今回は、紙に書いたペン字やサインをイラストレーターでトレースして、パソコンやweb上で使用できるようにする方法を紹介します。
普段の業務でペン字やサインをPC上で使用したいという事は多々ありますよね。そういった時に今から説明することを一度やっておけば、繰り返しパスデータとして使用できますのでおすすめです。
下記に当てはまる方は参考にしてみると便利です。

〇PC上で作成した見積書やその他書類にペン字やサインを載せたいとき
〇紙面に書いたサインをデザインの一部として使用したいとき
Advertisement

イラストレーターで紙に書いたペン字やサインをトレースする方法

イラストレーターで紙に書いたペン字をやサインをトレースする方法は、下記の手順で行っていきます。

①ペン字やサインが記載された紙をプリンターや複合機などでスキャンする
②スキャンしたデータをイラストレーターでトレースする

それでは、順番に説明していきます。

紙面のペン字やサインをプリンターでスキャンする

サインスキャン

今回は上記のような「文字」と書いた紙面の字を使って説明します。

紙面のペン字やサインをPC上で編集するには、まず、PCで編集できるデータに変換する必要があります。各会社等で使用しているプリンター・複合機には紙面のデータをスキャンする機能が付いているので、その機能を使用して紙面のサインをデータとしてUSBなどに保存します。ここまででスキャンまでの流れは完了です。

スキャンしたデータをイラストレーターでトレースする

次にスキャンしたデータをイラストレーターでトレースしていきます。

スキャンしたデータはPDFなどの形式でデバイスやPCに保存されますので、まずはそのデータをイラストレーターで開きます。(※今回は、Illustrator2020を使用しています。)

スキャンしたサイン

スキャンしたデータは上記のようになっていますが、大体の場合、クリッピングマスクがデフォルトで有効になっていますので、まずは、「クリッピングマスクを解除」します。

画像トレース

クリッピングマスクを解除したら、前面の余分なパスデータを削除した後に、画像レイヤーを選択して、画面上部の「画像トレース」をクリックして、その後「拡張」をクリックします。
拡張後に、パスのグループを解除し、文字周りの余分なデータを削除することで…

画像をパスデータに変換

上記のようなサイン文字をパスデータに変更できます。これでPC上で作成した見積書などの書類、デザインの一部として使用することができますね。
割と簡単な操作で作成できますので、覚えておくと良いと思います。

まとめ

今回は紙に書いたペン字をトレースする方法について紹介しました。グラフィックデザインを行う際に使うこともよくありますので、覚えておくと役立つかもしれません。

webスキルカテゴリの最新記事